コープの冷凍野菜は国産も充実!下ごしらえ済みで調理も簡単便利

野菜は毎日使う食材ですが、葉野菜は日持ちしにくいし、天候被害で値段も高騰してしまうと主婦にとってはかなりの痛手です。

そんな不満を解消できるのが「冷凍野菜」です。

冷凍野菜は鮮度が良くないイメージがあるし、外国産も多いし、「そもそも美味しくないのでは?」とお考えなら、大きな勘違いをしてますよ!

コープの冷凍野菜は国産が充実していて、何より鮮度にもこだわっているので、美味しさも生野菜にひけをとりません。

そして、忙しい主婦にとってこんなに便利な食材はありません。

コープの冷凍野菜を知ると、あなたの冷凍野菜に対する悪いイメージがすべて覆ってしまうかも。

コープの国産冷凍野菜のラインナップ

  1. 宮崎カットほうれん草

    宮崎カットほうれん草(コープ)

    価格:
    248円(税抜)
    容量:
    250g
    美味しさ 5.0
    品質 4.5
    使いやすさ 5.0

    コープの冷凍野菜でも人気は上位、さらに冷凍食品の売り上げでもトップ5以内にランキングする人気商品です。

    下ごしらえ済みであく抜き不要のほうれん草はいろんなメニューにも使えて大活躍間違いなし。

  2. 北海道のそのまま枝豆

    北海道のそのまま枝豆(コープ)

    価格:
    328円(税抜)
    容量:
    250g
    美味しさ 5.0
    品質 4.5
    使いやすさ 5.0

    北海道の十勝産原料を使った枝豆はマメ本来の味をいかすためにうす塩で仕上げています。

    夏の旬の時期に一番美味しいタイミングで収穫、選別、洗浄、ボイル、味付けを行い、鮮度が落ちないうちに地元の工場で急速冷凍して旬のおいしさを閉じ込めました。

    ゆで済み、塩味つきなので解凍するだけでそのまま召し上がれますし、パパのおつまみにはもちろん、お弁当の彩り1品にもピッタリです。

  3. 北海道のとうもろこしカット

    北海道のとうもろこしカット(コープ)

    価格:
    298円(税抜)
    容量:
    10個入(375g)
    美味しさ 5.0
    品質 4.5
    使いやすさ 5.0

    北海道産のスィートコーン(スーパースィート種)を収穫後に、2.5cmカットして急速冷凍しました。

    バーベキューや鉄板焼き、お弁当の1品として人気の商品です。

    甘みたっぷりでジューシーな味わい、こんなに高品質で美味しいなら、もう生のとうもろこしに戻れなくなりそうです。

  4. 北海道の栗かぼちゃ

    北海道の栗かぼちゃ(コープ)

    価格:
    298円(税抜)
    容量:
    350g
    美味しさ 5.0
    品質 4.5
    使いやすさ 5.0

    北海道産の甘みの強いホクホクした品種のかぼちゃは、煮物やサラダにピッタリです。

    皮の固い野菜なので下ごしらえには苦労しますが、この商品は調理しやすいようにカットされているから、使いたい分だけをレンジでチンしてすぐに使えるのが便利です。

    お菓子作りや離乳食にもご活用できますよ。

  5. 九州のカット小松菜

    九州のカット小松菜(コープ)

    価格:
    284円(税抜)
    容量:
    300g
    美味しさ 5.0
    品質 4.5
    使いやすさ 5.0

    九州産の小松菜を使いやすくカットして、軽く湯通ししてバラ凍結にしています。

    ほうれん草と同様に面倒な下ごしらえも不要、葉野菜にありがちな鮮度の劣化が早くて日持ちしないという悩みも解決。

    冷凍のまま調理できるから忙しいママのお助け商品です。

  6. 国産さといも

    国産さといも(コープ)

    価格:
    248円(税抜)
    容量:
    250g
    美味しさ 5.0
    品質 4.5
    使いやすさ 5.0

    めんどうな皮むきが不要の下処理ずみの冷凍さといもです。

    大きなさといもはカット、小さなサイズはそのままにすることで、大きさが揃って料理にも使いやすくなっています。

    軽く湯通し済みなので、煮物にも使いたい分を冷凍のまま使えるのが便利です。

  7. 十勝のブロッコリー

    十勝のブロッコリー(コープ)

    価格:
    348円(税抜)
    容量:
    180g
    美味しさ 5.0
    品質 4.5
    使いやすさ 5.0

    十勝のブロッコリーは昼夜の寒暖差で甘みのある野菜に育ちます。

    収穫後はひとつひとつ丁寧に手切りでカット、急速冷凍で鮮度の美味しさを閉じ込めました。

    解凍してサラダに使っても良し、炒め物として冷凍のまますぐに使えるのも便利で、お弁当の一品にも大活躍です。

  8. 国産ささがきごぼう

    国産ささがきごぼう(コープ)

    価格:
    278円(税抜)
    容量:
    200g
    美味しさ 5.0
    品質 4.5
    使いやすさ 5.0

    下ごしらえがとっても面倒なごぼうを皮むき、あく抜きして使いやすくしています。

    チャックシール付きの袋なので、必要な時に必要な分だけ取り出して使え、保存も便利です。

    定番のきんぴらごぼうもあっという間に出来ちゃいます。

  9. 九州産きざみ青ねぎ

    九州産きざみ青ねぎ(コープ)

    価格:
    228円(税抜)
    容量:
    150g
    美味しさ 5.0
    品質 4.5
    使いやすさ 5.0

    お味噌汁などでも定番の青ねぎは九州産、小口切りにしてバラ凍結にしています。

    チャックシール付きなので、必要な分だけ使えるので便利。

    包丁要らずで、お味噌汁、冷や奴など普段づかいの冷凍野菜としてお気に入りになること間違いなしです。

  10. 北海道のとろろ芋

    北海道のとろろ芋(コープ)

    価格:
    298円(税抜)
    容量:
    40g×4袋
    美味しさ 5.0
    品質 4.5
    使いやすさ 5.0

    北海道十勝産の長芋をすりおろし、使い切りの40gで分包しています。

    とろろごはん、お好み焼き、うどんなど、使い方次第で美味しさがワンランクアップします。

    めんどうな皮むきもすりおろしも不要、流水解凍で手軽に使えるので冷凍庫に常備してあると大活躍するでしょう。

  11. 北海道のつぶコーン

    北海道のつぶコーン(コープ)

    価格:
    248円(税抜)
    容量:
    300g
    美味しさ 5.0
    品質 4.5
    使いやすさ 5.0

    甘みの強いスーパースィート種の十勝産コーンを収穫後に急速冷凍しています。

    定番のコーン缶やパウチタイプとは異なり、バラ凍結で使いたい分を取り出すだけ、保存に便利なチャックシール付きなのでちょっこと使いができるのは嬉しいポイント。

    サラダ、バター炒め、スープの具材として凍ったまま投入してさまざまな料理に使えます。

  12. 北海道の野菜ミックスたまねぎ入り

    北海道の野菜ミックスたまねぎ入り(コープ)

    価格:
    278円(税抜)
    容量:
    250g
    美味しさ 5.0
    品質 4.5
    使いやすさ 5.0

    バラ凍結のとうもころしだけでなく、みじん切りが面倒なたまねぎ、にんじん、いんげんをバランス良くミックスして使い勝手が大幅にアップ。

    包丁もまな板も不要、たまねぎのみじん切りで目がしみるのが苦手な人にとってはありがたい商品です。

    ごはんと調味料があれば炒飯も簡単、炒め物やお弁当のおかずづくりもラクラクです。

    管理人のレビュー

    コープの国産冷凍野菜はどれも産地がハッキリしているので、なんといっても安心感があります。
    また、急速冷凍で製品化されているので、素材それぞれが鮮度と美味しさを閉じ込めているのを実感。
    野菜は生が一番という人もいますが、天候不順で値段が高騰して家計を圧迫するのも日常茶飯事の中、冷凍野菜なら年中一定の品質で価格もそのまま。
    冷凍庫で常備して生野菜と併用すれば時短や節約にもなり、調理の負担も大幅に減るので我が家はコープの国産冷凍野菜なしでは生きてゆけません。

外国産の冷凍野菜も人気

  1. ブロッコリー

    ブロッコリー(コープ)

    価格:
    198円(税抜)
    容量:
    180g
    美味しさ 5.0
    品質 4.0
    使いやすさ 5.0

    ひとくちサイズにカットされたエクアドル産のブロッコリーは、軽く湯通ししてあるので火が通りやすく調理が簡単です。

    コリコリとした食感もしっかり残っていて食べ応えもあり。

    調理に彩りが欲しい時、グラタン、シチュー、炒め物、冷凍のまますぐに使えます。

    エクアドルは世界でも有数のブロッコリー産地で、髙地での栽培は寒暖差が大きく美味しいブロッコリーを育てます。

    収穫後、数日以内に現地工場でカットと湯通し、冷凍加工した原料を日本で袋詰めしています。

  2. さばみぞれ煮

    ヤングいんげん(コープ)

    価格:
    158円(税抜)
    容量:
    200g
    美味しさ 5.0
    品質 4.0
    使いやすさ 5.0

    タイで収穫したいんげんを軽く湯通しし、さらに食べやすいように両端をカットしてから急速凍結しています。

    適度に熟した頃に収穫されたいんげんは直径6~8㎜のすじがなく柔らかいのが特徴。

    湯通ししていることで調理が時短になり、いろんな料理との相性も良いので重宝します。

  3. カットアスパラ

    カットしたグリーンアスパラ(コープ)

    価格:
    284円(税抜)
    容量:
    150g
    美味しさ 5.0
    品質 4.0
    使いやすさ 5.0

    ペルーの契約圃場(ほじょう)で栽培されたグリーンアスパラは筋取りと下ゆでされ、さらにカット済みなのでとっても便利。

    世界でも有数のアスパラ生産地のペルーで大切に育てられ、太いけど繊維質の少ない原料を使うことで食べ応えがありながらもやわらかく高品質。

    収穫後すぐに現地で加工しているから美味しさをぎゅっと閉じ込めています。

    さらに軽く湯通しされているので、冷凍のままフライパンに放り込んで調理でき、炒め物の彩りに大活躍すること間違いなしです。

  4. アボカドスライス

    アボカドスライス(コープ)

    価格:
    298円(税抜)
    容量:
    150g
    美味しさ 5.0
    品質 4.0
    使いやすさ 5.0

    熟度管理を行うことで食べ頃になったペルー産のアボカドをカット加工して冷凍しました。

    面倒な皮むきや種取りする手間がいらないから、室温で30分程度自然解凍するだけで使えて便利です。

    食べ頃を見分けるのが難しいアボカドは、現地で熟度を手触りで選別・加工しているので、アボカド本来の風味とほどよい食感を楽しむことができます。

    サラダ、サンドイッチの具、ハンバーグ、マグロ丼と一緒に等、アレンジも自在です。

    姉妹品では「ダイスカット」タイプもあります。

  5. 朝もぎえだまめ

    朝もぎえだまめあっさり塩味(コープ)

    価格:
    198円(税抜)
    容量:
    300g
    美味しさ 5.0
    品質 4.0
    使いやすさ 5.0

    タイで朝に収穫した枝豆の味と風味を逃さないように短時間で急速冷凍しています。

    薄めの塩味なので、本来の豆の美味しさもしっかり楽しめます。

    食べてみて判りますが、豆の粒が大きくて甘みと香りが良い品種を使っています。

    国産と比べて価格が安いので毎日のパパの晩酌のお供にもお弁当にも気軽に利用できると好評です。

    管理人のレビュー

    外国産の冷凍野菜の良いところは、ズバリ安いこと。
    でも安かろう、悪かろうではないのがさすがはコープさん、ちゃんと残留農薬検査など安全性も担保しているので、国産にこだわらないという人にとってはかなりオススメです。
    私もブロッコリーは良く利用しているんですが、使いやすくカットされているだけでなく、しっかりコリコリとした食感も残っているので、「新鮮だな!」って思います。あと、えだまめはパパのおつまみとして大活躍。塩味が絶妙で自分で生から作るより美味しくできあがっちゃいます。レンジでチンするだけなのに。

冷凍野菜の口コミ


ひめ汗左

冷凍野菜を使ったことない私って時代遅れかしら・・・?


ぱる困右

口コミで便利だってのは良く判ったけど、他にメリットあるのかな?


エリ右

冷凍野菜は普通のスーパーでも売ってるけど、あまりメジャーではないわね。
でも、コープの冷凍野菜は利用している人からの評価がとっても高いの。その理由を探っていきましょ。

コープの冷凍野菜のメリット

生の野菜はスーパーに行けばすぐに手に入るのに、あえて冷凍を使う理由は何でしょうか。

それは使った人にしか判らないかも知れませんが、私自身が感じているメリットを挙げるとすれば次の通りです。

冷凍野菜のメリット

  1. 下ごしらえ済みなのですぐに使える(時短になる)
  2. 長期保存できるからいざという時に助かる
  3. 品質が安定している
  4. 価格が年中安定している
  5. 使いたい分だけ使えて廃棄やゴミ(端材)が出ないので環境にも優しい
  6. いろんな料理に使い勝手が良い

冷凍野菜のデメリット

個人的な意見で申し訳ありませんが、私はデメリットは何一つ感じていないんですよね。

あえて挙げるとすれば、冷凍庫のスペースをとっちゃう事くらいでしょうか。

鮮度が良くないのではないかという人もいますが、紹介した冷凍野菜の特徴を見ても判るように、ほとんどが収穫後すぐに急速冷凍しているので、むしろ生野菜よりも品質は良いのではないかと思います。

さらに補足しておくと冷凍だからと言って栄養や味が落ちることもなく、冷凍だと言わなければ家族にも気づかれることはありません。

冷凍野菜の品質と安全性

コープの冷凍野菜の産地は国産については多くが北海道と九州の原料が使用されていますが、外国産は国も地域もさまざまです。

しかし共通していることは、それぞれの商品どれも産地をしっかり特定していることや、残留農薬検査など安全性もしっかりと確認していることです。

加えて、野菜の旬の時期を見極めて収穫後すばやく急速冷凍することで、鮮度も美味しさも逃さないから、生の野菜を使ったような料理の仕上がりになります。

国産という響きは安心感を覚えますが、外国産だからと言って農薬だらけとか、品質が悪いということはまったくありませんのでご安心を。

原材料と食品添加物について

冷凍野菜の嬉しいポイントは添加物を使用せずに済むことです。

保存料など不要なものを使用しないでも長期間保管できるのは、冷凍技術の進歩によるものです。

原材料
野菜の素材のみ
添加物
なし

添加物とアレルギー物質について

使用しているのは素材のみなので、添加物もアレルギーの心配もありません。

離乳食づくりに活用しているママさんも多いのもうなずけます。

冷凍野菜の調理方法

すでに紹介していますが、下ごしらえ済みになっている商品がほとんどなので、袋から取り出してすぐに使えます。

包丁いらずなので男性でも調理できますよ。

  1. 袋から必要な分だけ取り出します。

  2. 凍ったままそのまま調理開始。

  3. 他の素材と合わせて加熱します。

  4. 彩りも良く出来上がりです!


と~っても簡単ですね。

冷凍野菜の美味しい使い方

基本的に生野菜と同じように使えるので使えない料理はありません。

私がよく活用するのは、グラタン、パスタ、炒め物、汁物、添え物、ちょっと彩りや具材を足したいなと思うときです。

スーパーで野菜を買い忘れていても慌てることはありません。

冷凍野菜はこんな人におすすめ!

一番の特徴である、下ごしらえ済みですぐに使えるという点を考えると、やはり共働きや子育てで調理時間を短縮したいママさんです。

他にもこんな人にはピッタリですよ。

~冷凍野菜が重宝する人、する時~

  • できるだけ調理を時短したい
  • 頻繁に買い物に行けるほどの余裕はない子育てママ
  • 天候不順で野菜が高騰している時
  • お弁当づくりなど、ちょっとだけ使いたい時
  • なるべくゴミを出したくない人

冷凍野菜を使えば調理時間が一気に短縮しますし、ゴミも出ないし包丁もまな板も使わないので後片付けもラクラク。

これなら男性でも簡単に使えるのでこの際パパにも調理にチャレンジしてもらいましょう。

冷凍野菜を購入するには?

冷凍野菜はお住まいの地域にある一般的なスーパーでも購入できます。

でも、コープの国産野菜シリーズやその他の高品質な冷凍野菜は、コープのお店か食材宅配サービスでしか利用できません。

特に食材宅配サービスは冷凍商品を保冷箱に入れて玄関先までお届けしてくれるので、スーパーから帰路する間に解凍されるような心配も無く、共働きでも留め置きしてくれるので忙しいママさんにはオススメです。

注文もスマホで空いた時間にできるので、買い物も時短、調理も時短で良いことずくめ。

コープの食材宅配サービスで便利な冷凍野菜をお試ししてみませんか。