コープ日本のコーンスープのレビューと口コミ、北海道産原料使用!

ちょっとおしゃれな晩ご飯を作るなんてとんでもない、仕事や家事育児で忙しく、取りあえず食べられるものを作るのが優先、おかずはなんとか作れても汁物はインスタントで精一杯・・・。

そんなママさんに朗報、コープのレトルト「日本のコーンスープ」は牛乳と合わせて温めるだけで、洋風レストランで食べるような贅沢な美味しさです。

お誕生日会、何かの記念日、ちょっと奮発したメインディッシュを準備する日は、お味噌汁じゃなくってスープでしょう。

粉末インスタントのコーンスープとは別次元の美味しさを堪能しませんか?

日本のコーンスープのレビュー

  1. 日本のコーンスープ

    日本のコーンスープ(コープ)

    価格:
    278円(税込)
    容量:
    250g
    美味しさ 5.0
    品質 4.5
    使いやすさ 4.5

    とうもろこし本来の甘みを生かしたコーンスープは北海道の契約農家で作られた原料を使用。

    調理は簡単、牛乳を加えて温めるだけでレストランで味わうような本格的なスープが出来上がります。

    管理人のレビュー

    まさしくレストランの味!このスープを飲んでしまうとインスタントの粉末コーンスープが味気ない飲み物に変わってしまうので注意が必要です。
    それくらい美味しい。
    北海道産のコーンにこだわっているだけあって、甘みと風味が濃厚な味わいはちょっと贅沢なディナーにピッタリです。賞味期限も長いのでストックしておいてここぞというときに大活躍、大好評間違いなしですよ。

日本のコーンスープの口コミ


ひめ左

洋食にはやっぱりコーンスープよね♡


ぱる右

コーンスープって粉末だけじゃなくってレトルトもあるんだねぇ、飲んだことないかも。


エリ右

お湯じゃなくって牛乳を使うんだけど、その分美味しさは格別よ!
コープのサイトの投稿欄には一度で20袋まとめ買いするという強者もいるくらいよ。

コーンスープといえば、クノールさんの粉末スープを思い浮かべますが、どうしても味は薄くなってしまいますよね。

レトルトはコーンの美味しさを損なうことなく、濃厚なペーストとして美味しさをぎゅっと詰め込んでいます。

日本のコーンスープの品質と安全性

レトルトを毛嫌いする人もいるんですが、安易にレトルトだから品質が悪い、安全性が不安と決めつけてはいませんか?

どんな工場でどのような原料を使い、何にこだわっているのかを知ることこそ大切です。

美味しいだけじゃママの願いは叶えられませんからね。

工場所在地について

コープ日本のコーンスープはとうもろこしの原料産地でもある北海道河西群にある日本罐詰株式会社(にほんかんづめかぶしきがいしゃ)で製造されています。

明治グループの関連会社で、北海道十勝を中心に直接契約農家で栽培されたスィートコーンなどの原料を使用して、種から栽培まで一貫して管理し、旬の食材を安全に加工することをモットーとしている会社です。

原材料と食品添加物について

素材そのものの美味しさを生かすための原料や、なるべく添加物に頼らない美味しさはどのように作られるのか調べてみました。

原材料
野菜(とうもろこし、たまねぎ)、クリーム、砂糖、小麦粉、マーガリン、食塩
添加物
増粘剤(加工でん粉)、香料、着色料(カロチン)

原料のほとんどはとうもろこしとたまねぎ、クリームでコクを出しているようですね。

添加物の安全性

添加物も植物由来のもので、ほとんど不要なものは入っていないようなので問題なし。

増粘剤はスープにとろみをつける添加物です。

アレルギー物質

アレルギー物質としては、小麦、乳、大豆が使用されていますので、ご家族に小麦や乳のアレルギー持ちがいれば気を付けてください。

原材料の産地について

パッケージにも北海道コーンを使用と書いてますが、その他の原料もきちんと確認すれば安心できますね。

主な原材料産地
とうもろこし 日本(北海道)
たまねぎ 日本
小麦粉 日本

とうもろこしは書いてあるように北海道、その他の原料も細かい地域の指定はありませんが、国産なので名前に偽りなし「日本のコーンスープ」で間違いありません。

栄養成分表示

日本のコーンスープ1袋250gあたりの栄養成分は以下の通りです。

エネルギー 291kcal
たんぱく質 6.0g
脂質 10.3g
炭水化物 43.5g
糖類 11.2g
食塩相当量 2.1g

日本のコーンスープの調理方法

レトルトスープで一見簡単そうに見えますが、美味しく調理するにはちょっとしたコツが要ります。

事前に裏面にある調理法をしっかり確認してください。

  1. ペースト状のスープと牛乳250mlを鍋に入れて火にかけます。

  2. その際、牛乳の量はお好みで調整できます。私はいつも300mlくらいで合わせます。

  3. 焦がさないように弱火から中火でゆっくりかき混ぜながら温めます。

  4. 湯気がたって温まったことが確認して出来上がりです。

ポイントは強火で沸騰させないことです。

牛乳をたっぷり使うのでゆっくり温めないと鍋底がこげてスープ全体焦げ臭くなります。

私は何度かこれで失敗しています。

日本のコーンスープの美味しい食べ方アレンジ

そのまま飲んでももちろん言うことなしですが、パセリをトッピングしたり、お好みで胡椒で引き締めても美味しいです。

クルトンやパンと一緒に食べるともうワンランク美味しさがアップしますよ。

どこまで美味しく食べられるかチャレンジして私にも教えてくださいな。

日本のコーンスープはこんな人におすすめ!

このスープはちょっと贅沢で本格的なスープです。

お湯を注ぐインスタントよりはちょっと手間が掛かりますが、その分美味しさは比べようにないくらい上品です。

レストランで食べるような本格的なスープを自宅で手軽に味わいたい人の願いを叶えます。

~日本のコーンスープが活躍するシーン~

  • ちょっと贅沢なディナーの1品に
  • 誕生日会や記念日に
  • 寒い時期の朝食に
  • 受験生の夜食に
  • おもてなしの食卓に

たかがスープといえど、美味しさは類似の商品と一線を画しているので満足感が半端ないです。

原料にこだわると、ここまで美味しくなるんだということが判る一品ですね。

本当はもっと料理に手間暇かけて美味しいものを食べさせてたいけど、いかんせん忙しくて時間がないという共働きのママさん、家事や育児でてんてこ舞いのママさんにとっておすすめできる商品です。

日本のコーンスープを購入するには?

コープのお店にはほとんど品揃えされていますが、コープの食材宅配サービスでは月に1回前後のカタログ掲載ペースのようです。

ただ、賞味期限が1年あるので、2~3袋まとめ買いをしておけば不自由はしません。

素材を生かした上品な味わいは、日頃から仕事や家事・育児で忙しいママを癒やしてくれるでしょう。

日本のコーンスープは日本で指折りのレトルトスープだと自信をもっておすすめします!