コープの小魚チップのレビューと口コミ、カルシウムも摂れる!

お子さんが大好きなポテトチップ、でも「美味しいだけのおやつでいいんだろうか?」と疑問を感じたら、コープの人気商品「小魚チップ」はどうでしょう。

小魚チップは1袋あたりでカルシウムが170mgも摂れるヘルシーなスナックです。

カルシウムが必要なお子さまのおやつは小魚チップで決まり!

\ 関東圏にお住まいの方なら /

小魚チップのレビュー

  1. 小魚チップ

    小魚チップ(コープ)

    価格:
    98円(税抜)
    容量:
    60g
    美味しさ 4.5
    品質 4.0
    使いやすさ 3.5

    せんべいにカルシウム豊富な小魚を練り込み、醤油と黒ごまで味付けしたシンプルなおせんべいです。

    サクサクとした食感と魚臭さは少ないので子どもが喜ぶこと間違いなし。

    管理人のレビュー

    小魚チップは買いやすいお値段と小魚なら子どもの栄養補給にもなるかなぁと思ったのが購入したきっかけです。
    ところが、味見したところ私と旦那もその美味しさにハマってしまい、子どもと一緒につまむもんだからすぐになくなっちゃいます。
    想像通りにカルシウムもしっかり摂れるから、どうせおやつでお菓子をあげるなら健康的なものを与えたいという子育てママの願いにも応えてくれるわ。
    サクサクの食感と後を引く香ばしい醤油たれの味付けが我が家を虜にしています。

小魚チップの口コミ


ひめ汗左

ポテチ食ってる場合じゃねぇって、どんなに美味しいの・・・。


ぱる困右

うちの子小魚食べないけど大丈夫かなぁ。


エリ右

醤油味とゴマやあおさの風味で黙っていれば普通のおせんべいだよ。
コープって素材の美味しさを活かしたおやつが多いのよねぇ。

小魚チップの品質と安全性

子どもに与えるおやつだからこそ品質が良くて安全なものを選びたいのはすべてのママの願いです。

美味しければ、安ければ、ではなくて、美味しくて安くて安全の3拍子揃ったお菓子はコープさんに頼りましょう。

原料、製法、そもそものコンセプトを知れば納得して与えることが出来るはずです。

工場所在地について

コープの小魚チップは愛知県にある「三河屋製菓株式会社」で製造されています。

えびせんべいや海鮮系のおせんべいを得意とするメーカーさんで、そもそもえびせんべいの始まりは愛知県西尾市が発祥でないかという説もあるくらいです。

長い年月をかけて蓄積したノウハウと、日本生協連の厳しい品質管理基準をクリアした確かな技術と品質をもった工場で作られています。

原材料と食品添加物について

小魚チップだからといって、原材料は小魚がメインと考えるのは浅はかです。

原材料は商品パッケージの裏面一括表示に書いてあるので、しっかり確認しましょう。

添加物の使用状況もすべて判るようになってますよ。

原材料
ばれいしょでん粉、たれ(しょうゆ、砂糖、米発酵調味料、水あめ、魚醤、酵母エキス)、植物油脂、かんしょでん粉、いわし煮干し、えび、黒ごま、食塩、えびエキス、砂糖、でん粉加工品、あおさ粉末、酵母エキス
添加物
焼成Ca、ミョウバン、酸化防止剤(ビタミンE)

原材料は配合が多い順に書くという決まりがあるので、せんべい部分はばれいしょでん粉がメインですが、もちろん小魚(いわし煮干し)も配合量が多いことが判りますね。

添加物の安全性

添加物は多くはないですが、「ミョウバン」は気になりません?

ミョウバンって温泉で聞いたことあるような・・・。

ミョウバンは硫酸カリウムアルミニウムの事で、一般的にはスポンジケーキやホットケーキ、ビスケット、クッキーなどの膨張剤(ふくらし粉)として使用されています。

通常はごく少量の使用なので人体に影響はないと言われますが、乳幼児が摂りすぎると良くないとも言われています。

普段の食生活から摂取する量であれば問題ありませんが、摂りすぎは良くないことは覚えておきましょう。

アレルギー物質

アレルギー物質としては、小麦、えび、大豆、ゴマが含まれています。

特にエビアレルギーの方には与えないように注意が必要です。

原材料の産地について

添加物と同様に知りたい原料産地もしっかり確認しましょう。

主な原材料産地
ばれいしょでん粉 日本等
いわし煮干し 日本等
えび 中国、日本等
黒ごま ミャンマー、パラグアイ、ボリビア、ベトナム、タイ、パキスタン、アメリカ等
あおさ粉末 中国、韓国、日本等

黒ごまはほぼ輸入に頼っている食材ですから、産地がばらついているのは仕方がないかも知れません。

でも、コープは食材の残留農薬検査など安全性も担保していますから安心ください。

栄養成分表示

小魚チップ1袋60gあたりの栄養成分は以下の通りです。

エネルギー 271kcal
たんぱく質 1.8g
脂質 9.7g
炭水化物 44.1g
糖類 4.0g
食塩相当量 1.4g
カルシウム 170mg
マグネシウム 25mg

1袋全部食べると271kcalあるので、小さなお子さんは小分けして与えましょう。

小魚チップのおすすめポイント

我が家を虜しているこのおせんべいの良いところをまとめてみました。

  1. 価格が100円前後で安い。

  2. サクサク食感と香ばしい醤油の味。

  3. カルシウムが1袋あたり170mgも摂れる。

  4. 食べ応えのあるサイズと大人も楽しめる美味しさ。


100円なのでお店で見つけたらついつい買ってしまいます。

小魚チップの美味しい食べ方アレンジ

カルシウムが摂れるのでお子さん向けの商品ではありますが、実はパパのおつまみにもピッタリです。

我が家ではナッツ類と一緒にビールのお供に提供しています。

ちょっとしたつまみにもなり、栄養豊富なおやつにもなり、素晴らしいコストパフォーマンスではありませんか。

小魚チップはこんな人におすすめ!

ただ美味しいだけのおやつは子どもに与えたくないママにはピッタリです。

~小魚チップが合っている人~

  • おやつでも栄養があるものを与えたいママ
  • 大人も子どもも食べられるヘルシーなおやつを探しているママ
  • 経済的におやつを購入したいママ
  • カロリーだけが高いおやつには飽きている方
  • コープらしいヘルシーなおやつを買いたい方

このおやつのコンセプトが手軽に、美味しくカルシウムを摂って欲しいということなので、素材を活かして栄養が摂れるものを与えたいと考えているママにはピッタリなんです。

小魚チップを購入するには?

小魚チップは人気商品ですから、どのコープのお店にも必ずと言って良いほど取り扱っています。

私は計画購入をしたいので、コープの食材宅配サービスで注文しています。

結構特売頻度も高いので、安いときにまとめて注文して小出しでおやつとして利用していますよ。

コープは小魚チップのような素材の美味しさと栄養を活かしたおやつがたくさんあるので、小さなお子さんがいるご家庭は一度カタログを覗いてみては如何でしょうか。

\ 関東圏にお住まいの方なら /