コープのふっくらジューシー生ハンバーグが絶品!レビューと口コミ

子どもの人気定番メニューと言えばハンバーグですが、レストランで食べるような大人も満足できる逸品が自宅の食卓で味わえたら、そりゃもう家族から大絶賛の嵐に違いありません。

コープのふっくらジューシー生ハンバーグは、手作りより美味しいとの声がやまない、コープ商品の中でも支持が高い群を抜くクオリティの商品。

もし今現在コープを利用しているなら、専門店もたじろぐこの絶品ハンバーグを是非お試しください。

ふっくらジューシー生ハンバーグのレビュー

  1. ふっくらジューシー生ハンバーグ

    ふっくらジューシー生ハンバーグ(コープ)

    価格:
    138円(税抜)
    容量:
    100g
    美味しさ 5.0
    品質 4.5
    使いやすさ 4.0

    牛肉と豚肉の合い挽きを使用した未加熱タイプの生ハンバーグは、解凍してフライパンで焼くだけで肉汁をたっぷり閉じ込めて「中はふっくら、外はこんがり」まるで洋食店のハンバーグが出来上がります。

    おまんじゅうの中に餡を包み込むような「おまんじゅう製法」にすることで、お肉が二重構造になり、中の肉汁のうまみを閉じ込めて逃がしません。

    専門店で味わうような手ごね食感のハンバーグが手軽に家庭で頂けます。

    管理人のレビュー

    これは間違いなく外で食べるハンバーグ、もしかしたらそれを超えているかも。
    ふっくら焼き上がったハンバーグにナイフを入れると肉汁がドバッとこぼれ出す感覚は、これまでの冷凍ハンバーグでは出会ったことがありません。
    ずっとハンバーグは野菜を刻んでミンチから手作りしていたんだけど、ある日このハンバーグを食卓に出したら「いつものハンバーグより美味しい!」というひと言を聞いて心が折れましたが、一口食べて納得、これはちょっと信じられないクオリティでした。
    もちろん手作りも美味しいんだけど、下ごしらえが大変だし、ミンチは油が多くて調理器具の後片付けもめんどう。
    コープのふっくらジューシー生ハンバーグを知ってから、調理の手間も省け、家族からも美味しいとお墨付き、複雑だけど100円ちょっとで食べれるなんてホント神です!

ふっくらジューシー生ハンバーグの口コミ


ひめ汗左

冷凍のハンバーグってピンからキリまであるけど、ホントに美味しいの?


ぱる真右

肉汁が半端ないんだって。
しかも洋食屋さんクオリティって気になる・・・。


エリ右

このハンバーグは個人的には某コンビニさんの金シリーズを超えてると思うわ。

このハンバーグはピーク時の09年時には年間約600万個、1日あたり1万6千個以上も売れた記録があるんです!

コープの牛肉加工食品の中でもトップレベルの売り上げと人気を博しています。

ふっくらジューシー生ハンバーグの品質と安全性

このハンバーグは製法(おまんじゅう製法)の他にも原料加工や原料産地にもこだわっています。

ふっくらやわらかい食感に仕上がるようにミンチは細切り、すると肉同士のつながりも強くなって、加熱調理中に肉汁がこぼれにくくなるそうです。

肉と一緒に練り込んでいるたまねぎは国産にこだわり、じっくりソテーして使用しているとのこと。

この美味しさとクオリティは様々なこだわりから作られているんですが、もっと知りたくなってきませんか?

製造者や細かい原料にもスポットを当ててみましょう。

工場所在地について

ふっくらジューシー生ハンバーグは愛知県名古屋市にあるIHミートソリューション株式会社で製造されています。

実はこの会社、あの伊藤ハムブランド製品を生産供給、つまり関連会社です。

お肉は協力農場で飼料や肥育方法にこだわって衛生的な環境で家畜を生産し、工場から配送までの温度を含めた衛生管理が徹底された信頼できるメーカーです。

伊藤ハムの国内関連会社すべての工場でISO22000(食品安全マネジメントシステム)、ISO14001(環境マネジメントシステム)の認証を取得しています。

原材料と食品添加物について

牛肉と豚肉以外の原料、添加物もしっかりチェックしてみましょう。

原材料
牛肉、ソテーオニオン、豚肉調製品(豚肉、香辛料)、牛脂、鶏卵、パン粉、粒状植物性たん白、食塩、しょうゆ、香辛料
添加物
香料、着色料(カロチン、アナトー色素)

一括表示の2番目にソテーオニオンが記載されているってことは、オニオンをふんだんに(2番目に多い量)を使っていて、それがハンバーグのうまみと甘みを引き立てているんですね!

添加物の安全性

添加物の着色料も天然植物由来のものなので安心です。

冷凍なので保存料も入っていませんね。

アレルギー物質

アレルギー物質として、小麦、たまご、乳、牛肉、大豆、豚肉が入っています。

ご家族にアレルギー持ちがいらっしゃいましたら気を付けてくださいね。

原材料の産地について

原材料はシンプルですが、しっかりチェックしていきましょう。

主な原材料産地
牛肉 オーストラリア
ソテーオニオン 日本等
豚肉 アメリカ等
鶏卵 日本等

牛肉と豚肉は外国産ですが、コープは残留抗生物質の検査を行うなど、安全性にはこだわっているので安心して大丈夫です。

栄養成分表示

ふっくらジューシー生ハンバーグ1個100gあたりの栄養成分は以下の通りです。

エネルギー 250kcal
たんぱく質 11.9g
脂質 20.0g
炭水化物 5.0g
食塩相当量 0.8g

塩分が控えめなのが嬉しいですね。

ふっくらジューシー生ハンバーグの調理方法

実はこのハンバーグ、冷凍食品なので調理も簡単と思いがちですが、ちょっとしたコツが要ります。

お肉が生なだけに、焼き方を間違えると焦げちゃいます。

調理法はパッケージ裏面に丁寧に記載されてあって、その通りに調理するのがベストです。

家庭で作るハンバーグが洋食店のそれに早変わり。

  1. ハンバーグを冷蔵庫でゆっくり自然解凍するか、急ぎなら流水解凍します。

  2. ハンバーグの真ん中にくぼみをつけ、よく熱したフライパンに油を引いて中火にします。

  3. フタをして中火で1分、次に弱火で2分焼き、焦げ目がついたら裏返します。

  4. 再度フタをして、さらに弱火で2~3分焼き、火を止めてそのまま1~2分蒸らします。

しっかり中まで火が通っているかを確認するために、串を刺して透明な肉汁が出てくるか確認します。

少し血が混じるようならフタをしてもう1~2分弱火で焼きます。

ふっくらジューシー生ハンバーグの美味しい食べ方アレンジ

出来上がったらケチャップやデミソースをかけて洋風で食べるのが王道ですが、おろし大根とぽん酢で食べると和風ハンバーグとしても美味しく召し上がれます。

さらにさらに、口コミであるように煮込みハンバーグや衣をつけてミンチカツにするなど、美味しさのバリエーションが広がります。

元の素材が良いからどんな風にアレンジしてもすべて美味しく出来上がっちゃいますよ!

ふっくらジューシー生ハンバーグはこんな人におすすめ!

ふっくらジューシー生ハンバーグは値段はお手頃ですが、どちらかというとパーティーやちょっと豪華なディナーにピッタリな一品です。

外食したいけど、家族1回分でも結構出費がかさむのを考えると躊躇してしまう時や、小さな子を抱えながらの外食は厳しいご家庭にとって、自宅でレストランクオリティが楽しめるのでホント有り難い。

~生ハンバーグがおすすめの家庭~

  • たまには贅沢な食事を手軽に楽しみたい家庭
  • お誕生日や記念日の自宅ディナーに
  • 外食に負けないハンバーグを食べさせたいママ
  • できるだけ経済的に美味しいものを食べたい家庭
  • 普通の冷凍ハンバーグに飽きてきた家庭

繰り返しますが、このハンバーグはコープの数ある商品の中でも特に美味しいと評判です。

もし、欠点があるとしたら、このハンバーグを食べたら他のハンバーグでは満足できなくなるくらいでしょうか。

是非多くの人に食べてもらいたいと思っています。

ふっくらジューシー生ハンバーグを購入するには?

お店でも購入できますが、冷凍なのでコープの食材宅配を使って注文した方がカチコチに凍ったままお届けしてくれるので、品質面でも安心です。

また、お店と比較してカタログの方がセールで安くなる機会が多いようなのでお得です。

一から手ごねして作るハンバーグも美味しいですが、コープのふっくらジューシー生ハンバーグはあなたの想像を超える美味しさですよ!

是非一度お試しください。